身近なケア

手肌のケアのためには、保湿への心がけが重要であるというポイントについては、先のコンテンツで解説しましたが、では、どれくらいの頻度で、保湿のケアを行えばよいのでしょうか?

それはずばり、こまめな頻度で、手肌が乾く前に、うるおいをチャージしてあげることが重要なのです。

手肌美人の格言をご存知でしょうか? それは、「備えあれば憂いなし」。 それほどに、手肌美人というものは、手肌のケアができる状態を、常に自分の身近に備えているということになります。

たとえば、キッチンや洗面所などの水回りには、手軽にワンプッシュで、さっと使用できる、ポンプタイプのハンドローションを常備するようにしましょう。

また、お化粧ポーチには、ハンドクリームを1本しのばせておきましょう。
外出先でも、お肌が乾燥する前に、しっかりと保湿のケアができます。

就寝前にも、しっかりと保湿ケアができるように、ベッドのそばにも、ハンドクリームを常備しておきましょう。
こまめなハンドケアは、ハンドクリームを生活のさまざまなシーンにおいて常備しておくことがポイントになるのです。

それほどに、手肌というものは、すぐに乾燥を引き起こしてしまいますので、手肌からうるおいが失われる前に、いつでもどこでも、素早く、保湿のケアができる状態にしておきましょう。
目につくたびの忘れず保湿。それこそが、手肌美人の第一歩なのです。