塗り方とは

それでは実際に、どういった塗り方がハンドクリームの活用として効果的なのか、
そのステップを見ていきましょう。

1. 手肌全体にハンドクリームをなじませる

手の甲にたっぷりのハンドクリームをのせ、もう片方の手で、指先までまんべんなくなじませることがポイント。
同じ動作をもう片方の手にも繰り返すことで、あらかたの保湿が完了します。

2. 指の一本一本を指先に向かってマッサージ

小指から親指の順に、指のつけ根の関節から指先に向かいながら、円を描きつつマッサージ。めぐりを促しながら、うるおいが不足してしまうことの多い指先まで、しっかりと保湿成分を浸透させます。

3. 指圧マッサージでコリをほぐす

親指と人差し指の間を、もう片方の親指のお腹で指圧しながらマッサージ。コリがほぐれてリラックスできますので、とても気持ちよくなります。

4. 爪や爪のまわりにも水分と油分を補給

ささくれや皮むけなど、手荒れの印象がとても目立ってしまう指先も、しっかりとポイントケアを行うようにしましょう。
手のぬくもりを利用しながら、爪のまわりや爪に、ハンドクリームをしっかりやさしく擦り込むように塗ってあげることで、うるおいを浸透させることができます。

そうすることで、乾燥が原因となる爪の割れを防ぐ効果も期待できるのです。 こういった塗り方を意識して、しっかりと丁寧に、手肌のケアを行うようにしましょう。